MCj04046850000[1]

年内は12月30日()まで、

新年は1月4日()から診療します。

MCj03317130000[1]

 

年末年始の診療日案内

 

2017年12月

24日(日)

25日(月)

26日(火)

27日(水)

28日(木)

29日(金)

30日(土)

休診日

診療

診療

休診日

診療

診療

診療

31日(日)

 

休診日

 

2018年1月

 

日(月)

日(火)

日(水)

日(木)

日(金)

日(土)

 

休診

休診

休診

診療

診療

診療

日(日)

日(月)

日(火)

10日(水)

11日(木)

12日(金)

13日(土)

休診日

診療

診療

休診日

診療

診療

診療

 

診療時間:午前9時から12時、午後2時から7時

休診日:水曜日、日曜日

 

年末年始のトリミング、ペットホテルは大変混雑します。

ご予約はお早めに。

 

 

MC900233519[1]

普段から災害に備えましょう

避難の時はペットも一緒に

MC900232286[1]

 

大災害はいつ襲ってくるか分かりません。避難しなくてはならなくなったとき、犬や猫は飼い主と一緒に避難する「同行避難」が基本です。いざというとき、慌てずに犬や猫と一緒に避難できるように、日ごろから備えておきましょう。

・犬や猫を入れるキャリーを用意しましょう。

飼っている犬や猫の数だけ用意しましょう。普段から寝床として使用しておくと、犬や猫が安心できる場所になり、避難先でのストレスを減らせます。

・数日分のフードを用意しましょう。

避難先では人の食べ物の確保が精一杯で、犬や猫の分の余裕はないと考えていいでしょう。救援物資が入ってくるまでの数日間をまかなえる分のフードを用意しましょう。

・ペットシートやリードなどのペット用品を用意しましょう。

避難先を汚さないようにペットシートなども数日分用意しておきましょう。

・誰がどうやって犬や猫を避難させるか、家族で役割分担をしておきましょう。

平日か休日か、昼間や夜間かなど、どんなときに災害が起きても対応できるように、事態に応じて誰が何をするか決めておきましょう。

・避妊去勢手術をしておきましょう。

避難先では初対面の犬や猫が集まります。避妊去勢手術をしておけば、性的なストレスやケンカを少なくすることができ、望まない妊娠や交尾を防げます。災害時に犬や猫が逃げ出したときも、避妊去勢手術をしていないと野良犬・野良猫になり、繁殖して復興を妨げるかもしれません。

・しつけや社会化をしておきましょう。

避難先でのトラブル予防に普段から、無用に吠えない、咬まないなど基本的なしつけをしておきましょう。万一、動物避難所(シェルター)に預けなくてはならなくなっても、基本的なしつけや社会化ができている犬はスタッフがケアしやすく、犬へのストレスも少なくなります。

 

◎環境省がペットの災害対策のパンフレットを発行しています。

「備えよう!いつもいっしょにいたいから ペット動物の災害対策」

「見つめ直して 人と動物の絆」

表紙 表紙

無料ダウンロードはこちら(環境省自然環境局総務課動物愛護管理室HPが別窓で開きます)

 

 

人の食べ物は犬猫には危険なことも。

誤食にご注意。

 

人の食べ物には、犬や猫が食べてしまうと中毒を起こすものがあります。

・チョコレート

体重5kgの犬がダークチョコレートを20g食べると嘔吐、下痢を起こし、100g食べると死亡することもあります。テーブルに置いてあったチョコレートを犬が盗み食いする例は、バレンタインディのある2月に増える傾向にあります。

・タマネギ

タマネギに含まれる成分は、微量でも犬猫の赤血球を壊してしまいます。タマネギそのものを食べるだけでなく、タマネギを使った料理の汁なども危険です。人の加工食品にはタマネギを使ったものも多くありますので、注意が必要です。

 

人の食べ物を犬や猫に与えるのは栄養的にもよくありません。お菓子などは盗み食いされないように戸棚にしまい、普段から人の食べ物を与える習慣はつけないようにしましょう。

 

・果実の種、トウモロコシの芯

犬猫は基本的に食べ物を丸呑みします。植物質の硬いものは消化できず、胃の中に長く留まったり、腸の途中で止まることがあります。

・焼鳥の串、食品包装ラップ、ビニール袋など

人は食品の包装ラップや焼鳥の串は食べられないことを知っていますが、犬猫には分かりません。食べ物の匂いがついていれば食べられると思い、丸呑みしてしまいます。消化器の途中で引っかかったり、串は刺さることもあります。

 

消化できないものが胃や腸に引っかかってしまうと、緊急手術でお腹を開いて取り出さなければならない事態になりかねません。犬や猫の口が届くところに放置しないように気を付けましょう。また、おもちゃは飲み込めないサイズのもの、噛み千切ったりできない材質のものを選ぶようにしてください。

犬や猫がいけないものを口にしているのを見つけた時、あわてて取り上げようとすると、「とられる!」と思って一気に飲み込んでしまいます。あわてずに楽しげな声で気を逸らして回収するようにしましょう。

 

 

飲む水の量

おしっこの回数に気をつけましょう

 

おしっこ(尿)の量や回数を毎日気にしていますか? 排尿や腎臓に関わる病気で命を落とす動物は少なくありませんが、その早期発見にはおしっこに注意することが大切です。

猫に多いのが、おしっこの中にできた細かい石(結石)がおしっこの管(尿道)に詰まってしまい、おしっこが出なくなってしまう病気「尿路結石症」です。石にはいろいろな種類がありますが、出来るか出来ないかは、多くの場合、生まれ持った体質によります。石が出来る体質に生まれついた場合は、石が出来にくい特別なフードを食べさせて予防する必要があります。いつもよりおしっこの量が少ない、あるいは、頻繁にトイレに入って排尿の姿勢をしているのだけど、おしっこが出ていないおしっこが赤い(血が混じっている)などの場合はすぐに獣医師に相談しましょう。おしっこが1日以上出ないと命に関わります。

おしっこは腎臓で作られますが、腎臓は悪くなってもなかなか症状を出さない臓器です。明らかに具合が悪くなった時には手遅れの状態ともいわれますから、早期に発見して治療を開始することが大切です。腎臓が調子を崩すと濃いおしっこが作れなくなり、薄いおしっこをたくさんするようになります。水をよく飲むようになり、おしっこの回数が増えたら、他に症状がなくても獣医師に相談してください。尿検査や血液検査などで腎臓の異常を早期に発見することができます。

 

 

MC900153602[1]

迷子札・マイクロチップなど

身元を示すものをつけましょう。

済票 のコピー

 

2011年は大地震やその後の余震におびえて、犬や猫が迷子になったという事例が都内でも頻発しました。被災地では、地震や津波で離れ離れになった多くの犬や猫が、未だに飼い主と再会できないでいます。首都直下地震も言われる昨今、いつどんな災害に見舞われて、犬や猫と離れ離れになるかわからない状況です。

また、年末年始の旅行のときに、高速道路のサービスエリアから犬がフェンスをくぐって出て行ってしまったり、旅行先で何かに驚いて走り去ってしまったなどの話もよく聞きます。知らない土地で迷子になってしまうと、自力で帰ってくることはまず期待できず、探しに行くことも容易ではありません。

大地震が起きたり、旅行先のアクシデントで飼っている動物と離れ離れになっても、動物に身元を示すものがついていれば、再会できる可能性が高くなります。今すぐに、首輪と迷子札をつけましょう。

マイクロチップも有効な身元証明ですが、見た目だけでは分からず、読み取りには専用の機械とバッテリーが必要で、マイクロチップを知らない人や読取り機械がないときには飼い主がわからないという欠点があります。(マイクロチップ自体にはバッテリーは必要ありません)

 

1)   保護されてすぐに、誰にでも身元が分かるように、首輪と迷子札をつけましょう。

(犬は鑑札と狂犬病予防注射済票も)

)首輪がとれてしまったときや、最終的な身元証明のためにマイクロチップを入れましょう。

 

完全室内飼いの猫でも地震に驚いて扉の隙間から出て行ってしまったり、地震で壊れた家から逃げ出したなどの事例が起きています。

室内飼いの小型犬では、首輪をつけるのは散歩のときだけという例をときどき見かけますが、今回の地震のように、迷子になるのは散歩のときだけとは限りません。

犬も猫も普段から首輪と迷子札をつけましょう。

当院でマイクロチップの挿入を行っています。ご相談ください。

 

 

MCj03953480000[1]

子犬を家族に迎えるときは、

「社会化」を考えましょう。

MCj03953420000[1]

 

ワクチン接種のために来院する子犬たちのなかに、ときどき、まだ生後40日令という親犬から離すには幼すぎる年齢で購入してきた子犬がみられます。

最近、「子犬の社会化」という言葉を耳にするようになりました。生後4週から12週を「社会化期」といいます。とても短い期間ですが、子犬は母犬やきょうだい犬から犬として生きるために大切なことを学び、何にでも興味を持ち、たくさんのことを吸収する大切な時期です。この時期に経験したことは、いいことも悪いことも犬の一生に大きく影響します。

2ヶ月令になる前に親きょうだいから離されてしまった子犬は、犬として生きるために大切なことを学べません。また、社会化期にいろいろいい経験ができなかった子犬は、オトナになってからも周りの環境にうまく適応できないことがあります。これを「社会化不足」といい、やたらと咬みついたり、何でも怖がったり、ほかの犬と付き合えないなどの、いわゆる問題犬になる大きな要因です。オスワリやマテはオトナになっても教えられますが、犬としての基礎は社会化期にどれだけの「いい経験」をしたかで決まってしまいます。

子犬を家族に迎えるときは、少なくとも2ヶ月令を過ぎてからにしましょう。3ヶ月令まで人やいろいろなものに触れ合いながら、親きょうだいと一緒に過ごした子犬がベストです。幼い子犬はかわいいものですが、親きょうだいとの早すぎる離別は、子犬に大きなストレスになるだけでなく、将来さまざまな問題を起こす原因になります。

子犬を飼い始めたら、社会化期のうちにいろいろ「いい経験」をさせるように気を配りましょう。子犬の2〜3ヶ月はあっという間に過ぎてしまいます。時期を逃さず教えましょう。

 

 

子犬のしつけ表紙2 

分かりやすい、子犬のしつけの本を当院でお分けしています。

子犬だけでなく、全ての年齢の犬にオススメです。

ご利用ください。